今日は暮石の文字の色入れについてです。

長年のうちに文字の色も落ちてしまいます。

最初は綺麗でも、だんだんとインクが流れてしまったり、剥がれてしまったり。

なので、クリーニングの中の文字入れ作業の紹介です。

最初に文字の中のゴミをブラシで洗います。

その後に、筆を使い色を塗っていきます。

なかなか細かい作業なので神経を使います。

続いて、平たいカッターを使いはみ出たインクを落としていきます。

その後、カッターでも落ちなかったインクのシミを特殊な道具で磨いていきます。

この作業は結構時間も腕の力も使い疲れます。

しかし、作業後の綺麗になった姿を見ると気持ちがいいです。

なので、この作業は地味ですけど、好きな作業です。